いつまで続くのか私の毛深い人生

毛深いということは、私の生涯通して一番の悩みです。毛深いことを何となくに意識し始めたのは小学校の頃。実際に困り始めたのは中学生になった頃でした。

周りの友達の肌には毛がないのに、何で私にはこんなに黒い毛がたくさん生えているんだろう・・・こんな悩みがつきませんでした。おしゃれに気遣う子達は、いろんな情報を知っていて手入れをしていたのかも知れませんが、私にはそのような術はありませんでした。体育の時間は特に嫌でした。運動はさほど嫌いではありませんでしたが、体育着になるのが嫌でした。腕も足も見えてしまうからです。

中学生の頃、ついにハサミで毛を切りました。当時の私の腕毛はハサミで切れるほどの長さがあり、そして太かったのです。友達には、あれ?何かした?と聞かれたので、恐らく見た目の変化がかなりあったのでしょう。それでも、恥ずかしかった私は、何もしてないと言い張っていました。

もちろん、ハサミで切っただけなので全部がなくなるわけでもないし、むしろ太い毛の切断面が余計に目立ってしまうという結果になりました。それからは、徐毛クリーム、脱毛テープなどを試しましたが、結局のところ、カミソリでのお手入れが一番手軽で、簡単でした。

その後、学生時代はカミソリと徐毛クリームの併用で乗りきりました。とにかく太くて丈夫な私の毛は、その後もずっと衰えることなく元気で生えてきていたので、夏は本当に苦労しました。冬は、重要なことがない限りお手入れはしません。面倒くさいというのもありますが、なにもしないで毎日を過ごせるのは冬しかないからです。私にとっては、とても貴重な季節なのです。

現在でも状況は変わっていません。もう良い大人なので、脱毛サロンなど様々な方法があることは知っていますが、なかなか思い切って申し込むことができません。

気になるのは料金なんですが、宮崎の脱毛サロンを検索してみると、意外と安い!ミュゼや脱毛ラボなんてかなり安いですね。こんな田舎にも店舗があるなんて・・・(笑)

脱毛宮崎